menu

8/5日、給スイカステーションin山形(荒瀬川親水公園)を実施しました。

海辺での忘れがちな熱中症予防を呼びかけるプロジェクトとして、給スイカステーションを酒田市八幡町地内 荒瀬川親水公園で実施しました。熱中症予防など様々な効能をもち「食べるスポーツドリンク」とも呼ばれるスイカを楽しんでもらいつつ、活動を行いました。
当日は、湯の浜海水浴場でも実施の予定だったが、荒天、遊泳禁止となり中止した。

しかし、同日開催予定だった「イヌワシの森倶楽部」のイベント「こども自然学校」は実施され、その会場にて同団体主催の「給スイカステーション」が行われた。
悪天候ではあったが、気温は30度超えと、給スイカ実施としては影響のない天候であった。(曇りとぎどき雨  気温31度(最高気温時))

暑い中だったからこそ、より熱中症予防の啓発が伝わったと思う。

 

図2

イベント名給スイカステーション
PAGE TOP