menu

8/5日、給スイカステーションin京都を実施しました。

海水浴や浜辺でのレジャー中につい忘れがちな熱中症予防を呼びかけるプロジェクトとして、京都府京丹後市網野町「浜詰夕日ヶ浦海岸」の砂浜にて給スイカステーションを実施しました。

カットスイカのサンプリングを行い、熱中症予防など様々な効能をもち、「食べるスポーツドリンク」とも呼ばれるスイカを楽しんでもらいつつ、広く市民・観光客の健康や安全についての啓発に取り組みました。

 

当日は海水浴客を中心に浜辺でスイカを配る意義をパネルを使って説明を行いました。
多くの方がスイカに水分とミネラルが豊富に含まれ、熱中症予防に効果的である事を初めて知った様子でした。

特に家族連れが多かったので、親子で学んで頂き、「自由研究にしたい」というお子さんもいた。
また地元観光協会にもご協力頂き、海水浴場の場内アナウンスでも、給スイカステーションの告知とスイカによる海辺の熱中症予防の意義もアナウンスを行ったところ、600人にリーチしました。
放送後は、多数の方がステーションを訪れていた。

2

イベント名給スイカステーション
PAGE TOP