menu

7/16日、給スイカステーションin北海道を実施しました。

海辺での忘れがちな熱中症予防を呼びかけるプロジェクトとして、小樽市銭函の海辺などを中心にカットスイカのサンプリング等を行い、熱中症予防など様々な効能をもち「食べるスポーツドリンク」とも呼ばれるスイカを楽しんでもらいつつ、広く市民の健康や安全に寄与しました。
当日の天候は曇り、気温20℃強と非常に涼しく、給スイカ日和ではなかったが、海の日とあってバーベキューなどを目的にした来場者は一定数あり、会場に給スイカの意義を説明したパネルを掲示しながら皆さんにスイカを提供した。

ある親子連れには、スイカが水分補給になることを知り関心を持ってもらった。

海岸をランニングするチームにも提供し、非常に興味深く説明書きを読んでもらうなどして、市民に十分啓発できたと思う。

 

図2

イベント名給スイカステーション
PAGE TOP